不動産を取得した時にかかる税金

不動産を取得した時にかかる税金

不動産を取得しようとする者は、その取得の過程で発生するいろいろなコストを支払っていく必要があります。その一つとして税金があります。不動産を取得した場合にはいろいろな税金が関係してきます。取得した土地等に対し直接的にかかってくる税金が不動産取得税です。この税金は登記をしてもしなくてもかかります。贈与を受けても、つまりお金の支払いがなくてもかかります。

間接的にかかるものとしての代表は登録免許税です。登録免許税は登記する場合にかかる国税です。建物を新築した場合など初めて不動産が生れた時に作成する表題部の登記については義務であるため税金はかかりませんが、所有権の保存登記、移転登記、抵当権の設定登記などはそれぞれ決められた金額が課税されます。

もっと間接的なものとしては、土地等の購入契約書、一軒家を建てる場合の建築請負契約書、さらに住宅ローンを借りる場合の金銭消費貸借契約書などの文書にかかる印紙税があります。不動産を取得することによっていろいろな税金がかかります。その購入代金については資金繰りを考えているはずですが、それ以外の付随コストとしてこういった税金がかかってくることをしっかり認識した上でトータルとしての資金繰りをするようにするべきです。

Copyright (C)2015不動産を取得した時にかかる税金.All rights reserved.